COLUMN

秋ベストのレディースコーデ!大人上品に見せるテクニックも

秋は肌寒い朝夜と暖かい日中とで温度差が開きやすいシーズン。そんな絶妙な時期に持っておくと良いのがベストです。今回はレディースコーデを中心に、おすすめの秋ベストについてご紹介します。あっという間に過ぎる季節だからこそ、心地よくおしゃれに決まるスタイリングを楽しみましょう。

秋にベストが人気の理由

秋はトップス1枚とボトムス1枚だけでは寒い、かといって上着を着るほどでもないという絶妙な季節。そこで便利なのが体の中心部分は温めながらも、腕まくりをすれば温度調節ができるベストです。

ベストは色合いや素材も秋らしい

夏は爽やかな色合いの服を着ていたものの、自然の彩りの変化を感じ始めると少しずつ原色に近いアイテムを身につけ始める方も多いはず。ベストは秋に着ることが多いことから、季節に合った色合いのアイテムが多数登場します。

またニットベストを中心に、夏には着れなかった厚手の素材のものも快適に着られるようになります。このようにニットがあれば過ごしやすさだけでなく、見た目もアップデートできます。

秋ベストのレディースコーデ

ここからはおすすめの秋ベストを使ったコーディネートをご紹介します。どれも大人っぽい印象に仕上がりますが、ズボンorスカート、白シャツorカラーシャツなどによって雰囲気がガラリと異なるので、シーンに合う組み合わせを見つけてみてください。

ニットベスト風で優しい風合いの秋ベスト

秋ベストのおすすめ1つ目は、懐かしく優しい表情をもつ「W/Nラチネ平織ニットライクプルオーバーベスト」。”ニットライク”という商品名のように、ニットのようなふっくらとした温かさを感じられます。

風を通しにくいので肌寒い秋のシーズンはもちろん、冬場のインナーとしても大活躍するアイテムです。身頃の横幅は広くとりながら肩はスッキリとさせているので、ベストの上にさらに重ね着をする際にもかさ張りにくいよう仕上げています。

色はグレージュ、チャコールグレー、ネイビーの3種類です。どれも落ち着いた色で大人上品コーデを作れます。

商品ページはこちら

コットン素材を使った優しいベスト

「30/10セントラルタンブラー起毛ベスト」は、柔らかな肌触りが魅力のコットンを使用したベスト。インナーに柄物を入れても喧嘩せずおしゃれに着こなせて、コーデの幅を広げてくれるアイテムです。

腕を通す部分は広めにとっているので、ゆとりのあるサイズのアイテムとも合わせられます。少し肉厚な生地でありながらも、軽いので重ね着をしても楽に過ごせます。色は生成、ダークブラウン、ブラックの3種類。合わせ方によってラフからきれい目シーンまで重宝します。

商品ページはこちら

インパクトのあるシルエットがおしゃれなベスト

「2/48ウールリファインベスト」はウール素材を使ったベストです。軽い着心地ながらもウールならではの保温力で優しく温めます。

サイド部分にはボタンがついていたり、前はチェックで後は黒の無地とデザインが異なっていたりと、ユニークなデザイン性も特徴的です。シンプルなワンピースに合わせるだけで、ガラリとイメージが変わり脱マンネリコーデになります。

商品ページはこちら

秋ベストコーデ選びQ&A

レイヤードコーデは少し難しいという印象を持っている方も多いはず。しかしサイズや色が合っていれば誰でも簡単にベストコーデを作れます。

ちょうど良いサイズのベストとは?

ベストは基本的に少しゆったりと作られていて、着た時にゆるめなシルエットになるのがおすすめのサイズ感です。肩幅や骨格などは人それぞれなので、ぜひ事前に試着してみてください。

秋ベストの下には何を着ればいい?

レイヤードアイテムの定番であるベストは、シャツやワンピース、ズボンなど様々なアイテムと相性抜群です。基本的にどのようなアイテムとも合うのですが、ジャストサイズのトップスとの重ね着は野暮ったく見えてしまうのでNG。

またカラーに関してもベストとのバランスを考え、落ち着いた色のものが無難です。一方でベストがシンプルであればチェック柄や色味のあるアイテムを合わせてもおしゃれに着こなせます。

秋ベストの下に重ねるおすすめアイテム

どんな秋ベストとも相性が良いのが、シンプルな白シャツです。こちらの「先染ストライプダブルワッシャースタンドカラーシャツ」は細いストライプ状の線が入っていて、メンズライクな雰囲気が特徴的。お尻が隠れるロング丈なので、スタイルアップコーデとしてもおすすめです。

商品ページはこちら

秋のレディースコーデにベストを取り入れよう

今回は秋におすすめのアイテム、ベストを使ったコーデや人気の理由についてご紹介しました。クール系やかわいい系など、どのような系統の方にも合わせやすいので、ぜひコーデのスパイスとしてベストを取り入れてみてください。

COLUMN RANKING